スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
痛みは捨てるな。
何でこうも弱いのか自分。わかりきってて疑いようもないことを確信できずにどこまで疑うというのか。自信を持ってこれはこうだと言える根拠が自分の中にないからだというならば、その自信を手に入れるために何をすればいいのか。
根拠なく自信満々に言い放つことが良いこととは思わない。けれど羨ましいとも思う。思考したことを間違っていると自分自身で判断して、それを客観として見られることを恐れ、黙る。正解かもしれないと言うのに。
何度同じことを考えたかわからない。その度に弱さを見せ付けられる。口では頑張ると、直すと言ってみても、実際はどこまで変われたのかわかりゃしない。根本は変わらないなら、やっぱりこの弱さは自分自身なんだろうと思う。考えれば考えるほど堂々巡りで、結局どこかで妥協して思考を止めてしまうけれど。

背中を押された。弱いことは悪いことじゃないと。強さを知るには自分の弱さを認めること。痛いほど自分の弱さを知っている俺は何が強さかを知っている。ならばそれを手に入れるためにすることは何か。
考えろ。思考を止めるな。一生かけてでも探し出してみろ。人間は、俺はこんなもんじゃないだろう。
スポンサーサイト
2007/01/18(Thu) | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://townsent.blog79.fc2.com/tb.php/60-1c92cd8a
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。